12.12.2 開口/扉作成
  開口/窓作成の説明
 「開口幅設定」で与えた現在の幅の扉を作成します。指示に従って、壁の@一方の側、A反対側およびB方向を順に押してください。壁が除かれて扉が作成されます。【図01参照】
確認のポップアップで、「いいえ」を選ぶと他の場所をさせます。
12122
図01
【注意事項】

【注意01】
 2本線線種切り替えまたは正確平行線で引いた2本線の上にだけ作成できます。2本線が参照レイヤにあるときは、レイヤ番号の横のLボタンをおしてから実行してください。
壁の両側の線分は一本でなければなりません。途中で切れていると扉は作成されません。

【注意02】
 窓の絵姿は予約されています。

【注意03】
 開口幅の初期値は850mmです。縮尺によっては3点目が壁を外れます。変更は「開口幅設定」で。

【注意04】
 2点目で扉が壁を外れることが判ると扉は作成されません。

【注意05】
 描画に戻るためにはESCを忘れずに。
【関連コマンド】
窓作成  
扉作成  
開口幅設定  
扉置換/開口幅優先  
扉置換/既定扉設置  
戻る