19.2.1 部品登録
 部品(セル)図登録の方法
 図形や文字をラッピングして、図形上の1点をペンで押したまま部品升まで線を引いてください。登録できる図形要素(線分、円、文字、パターンなどを合わせた)数は1部品あたり最大3000です。ラスター画は登録できません。
1921_000
 
1921_002
【注意事項】

【注意01】
 ペンで押さえた図上の点が部品図の原点になります。押さえた点は端点処理されます。

【注意02】

 部品升(10×8)を1つの単位にセルファイルとして保存(名前を付けて保存)すれば、次回以降に呼び出して使えます。部品ファイル呼び出すと升目を上書きします。

【注意03】
 登録した部品は配置するとグループ化されています。編集にはグループ化解除でバラしてください。

【注意04】
 部品などグループ化された図形などは全体をラッパーで囲んでください。グループ化された図形などの部分を囲むときは、グループ化を解除してくだし。

【注意05】

 部品升の右端の↑↓で行を変えてください。10個/行×8行登録できます。

【注意06】

 参照レイヤの編集スイッチ(L)を押しておくと、レイヤにまたがった図形を登録できます。

【注意07】

 白色だけの図形や文字は部品登録できません。白以外の要素が1つでも含まれれば登録できます。ただし、パターンが白以外でも枠が全て白のときも部品登録できません。


【関連コマンドへのリンク
選択(ピッキング)  
選択の解除  
戻る