4.1.1 直線
 直線の描写の説明。
 始点から終点に向かってペンを引いてください。ペンを上げると清書されます。
  長い線分は一気に引かず必ずフュージョン(延長)しましょう。始点、終点は端点処理されます。【図01】参照。
  また、水平、垂直に近い斜め線分の作図には環境設定で角度丸め値を小さくしましょう。
411
【図01】始点、終点の端点処理の例
 点線のように描いても端点などに寄ってしまいます。その場合は以下の方法で描いてください。

 1.途中で止めてフュージョン(延長)する
 2.端点処理範囲を小さくする
 3.拡大して描く
【注意事項】
【注意】
 細かい図を描くときは十分拡大して、また、大きな図を描くときは縮小して作図してください。

【関連コマンドへのリンク】
フュージョン  
拡大   
環境設定 (端点処理)
戻る