6.2.0 選択(ピッキング)
 
  ピッキングによる図形の選択方法。
 図画モードあるいは正確モード1本線(線種の切り替え)のときに、図形や文字の上に点を打ってください(点は端点処理されます)。選択された図形は赤く、文字は□で囲まれます。
 点を外すとそれまでの選択も解除されてしまいます。慎重に行ってください。
 部品(部品登録)などグループ化された図形は全体を囲んでください。部分を選択する時は、グループ化を解除してください(FAQ011も参照してください)。
【注意事項】

【注意01】
 慣れるまでは図形や文字一つ一つを丁寧にピッキングしましょう。外すと「undo(逆消):元に戻す」を使って面倒な操作をせねばなりません(FAQ011も参照してください)。

【注意02】
 ラッパーとの併用はできません。

【注意03】
 部品登録(セル図)グループ化された図形を指すときは、部品を構成する実図形上をピッキングしてください。
戻る