6.3.0 選択の解除
  選択(認識)解除の方法。
 
 選択の解除をするまで清書画楽は続く操作が編集とみなします。作図に戻るために選択の解除が重要です。ラッパー選択したときも、ピッキング選択したときも、3つの解除方法があります。

@メニュー領域の余白に点を打つと選択の解除がなされ、ラッパーピッキングの点が消えます(もっとも推奨)。

A描画面内の余白に点を打つと、ラッパーピッキングの点が消え、解除のために打った点は残ります。

BESCを押すとラッパーピッキングの点が残ります(同心等の作図に使う)。
動画では上記Aの方法を説明しています。
解除の方法 ラッパーやピッキングの点 解除の為に打った点
@ メニュー領域余白に点 消失 現れない
A 描画面内の余白に点 消失 描画面内に残る
B ESCを押す 残る 現れない
【表01】選択解除の方法と結果の違い
【注意事項】

【注意01】
 図画モードあるいは正確モード1本線(線種の切り替え)でのみ解除が有効になります。

【注意02】
 解除のは、はっきりした余白に打つ。

【注意03】
 を打つ他に、連続して8線分あるいは余白に楕円が描かれると選択が解除されます。
戻る