7.1.2 削除(ピッキングと×)
  ピッキングと×で削除する方法。
 図画モードあるいは正確モード1本線(線種切り替え)のときに、削除する対象をピッキングし、続いて余白に×を描いて選択された対象を削除します(ピッキング=図形の選択)。

  部品登録(セル)などグループ化された図形をピッキングすると図形全体が選択されます。構成要素を削除する時は、グループ化解除してからにしてください (FAQ006も参照してください)。

【重要事項】
  削除はこの方法で行ってください。対象の上に直接×を描いて削除(削除(図形上に×))するのは、慣れてからにしましょう。誤って別の図形を削除してしまうことがあります。
【注意事項】
【注意01】
 ×は十分な余白に描いてください。細かい図のときは十分拡大してしてください。

戻る