7.1.4 カット(図形のカット)
 
  図形のカット(分割)方法。
 図画モードあるいは正確モード1本線(線種切り替え)のときに、図形に交差する短い線分を描きます。その線が緑色になればカット成功です。 カット線の始点、終点は端点処理されます。

  また、カット線はその後6つの作図まで有効に残ります。7つ目を描くとカットが解除され、カット線は普通の線分になり、カットされた図形は元に戻ります。尚、カット線を削除すると、カットされていた図形は元に戻ります。
【注意事項】

【注意01】
 図形に端点が接合されないように描きましょう。カット線があまり短いとカットされる図形に端点が接合されてしまいます。

【注意02】
  細かい図のときは十分拡大してしてください。

【注意03】
  2本のカット線が接近していると、×(削除)と誤認識することがあります。そのときは、「復活(redo)」を押してから×ジェスチャーのON/OFFを押して「×」OFFにすれば、誤って削除しなくて済みます。

【注意04】
  グループ化された図形(部品登録(セル)等)は、グループ化解除してから切断してください。

【注意05】
  文字列はカットできません。別方法を参照してください。

戻る