7.3.1 正確複写
  正確に図形を複写する方法。
 正確モード1本線(線種切り替え)のときに、図形や文字を選択し(ラッパーで囲み)、矢印を描くと、(矢印の描き方を参照。また、矢軸の始点、終点は端点処理されます)

  入力ポップアップが現われます。諸元を上書きしてください。「回数」(最大100)を1以上にすると、「長さ」をピッチとしてその回数だけ複写されます。厳密さを要する時は、最終桁を必ず入力してください。例え、0でも0を上書きしてください。

 選択の解除をするか、ラッパーを×で削除すれば元図が残って複写です。
【注意事項】
【注意01】
 ラッパーの始点、終点は閉じる

【注意02】
  やじりの先端は軸の先端から離れないように

【注意03】
  矢印の軸の始点は図上でなくてもよい

【注意04】
 選択の解除の方法は3つあります。詳しくは、選択の解除を参照してください。
戻る