TIPS01
【TIPS01】
  作図をしやすくする為に

清書画楽による手描(書)きの良さを満喫していただくため特に以下にご注意ください。

1)細かい作図や編集、例えば線分の作図なら画面上で5mm以下は避けましょう。拡大縮尺などで、線分なら画面上で少なくとも10mm以上になるように調節してください。手描きを清書する機能(角度まるめ端点処理)が邪魔することがあります。)

2)画面一杯に、例えば長い線分を作図すると折れ線になたりします。縮小縮尺などで、最大で画面上で15cmを超えないように調節してください。手振れ補正機能の限界を超えます。


【注意事項】

 

【関連コマンドへのリンク】
 
戻る